ナルヴィクの独白劇

不眠症患者がイラスト、小説、観たもの、食べたモノなどを書き綴るブログ

ブログタイトル

【かつての自分へ】機能不全家族をどうしたら改善できるのか?

どうもナルビィクです。

実は家庭環境が僕は悪くてですね。

いわゆる機能不全家族。

今だと毒親とかですかね。

それをどうしてだろう考えたいと思います。

因みに今は一人暮らしです。

f:id:Narvik:20190904224230j:image

ウチの家は不健全家族だったのではないか

不健全家族だと思ってます。

母親はAD/HDの毛がある。
 

AD/HD(注意欠陥/多動性障害)の診断と治療 » AD/HD(注意欠如/多動性障害)は、「不注意」と「多動・衝動性」を主な特徴とする発達障害の概念のひとつです。AD/HDを持つ小児は家庭・学校生活でさまざまな困難をきたすため、環境や行動への介入や薬物療法が試みられています。AD/HDの治療は人格形成の途上にある子どものこころの発達を支援する上でとても重要です。 出典e-ヘルスネット
 

ここにあるように、母親 は多動性が大きかったように思います。

衝動性もかな。

よく僕が笑ってないのに笑ってるとか言って、僕を殴ったりしてた人だから。

今でも衝動性は変わらない。自分は話すが、相手の話を聞かない事が多い。

 

父親はネグレクト
 

ネグレクト(英: neglect)とは、児童虐待、障害者虐待、高齢者虐待、患者虐待のひとつ。子供に対するネグレクトは育児放棄(いくじほうき)、育児怠慢(いくじたいまん)、監護放棄(かんごほうき)とも言う。また、ペットの飼育放棄(しいくほうき)に対しても指すことがある[1]。出典ネグレクト - Wikipedia
 

これを読む限り、父親はネグレクトだってと思います。

死ぬまでに会話という会話は僕はしたことがありません。

話しかけても言葉は返ってきませんでした。

 

兄貴二人はイジメを行なってきた
 

当時僕は3歳ぐらいで二人に急にプロレス技をかけられましたね。

嫌だと泣いても辞めてくれなくて、

母親にら最終的に何故か僕が泣いてる事を怒るという事態でした。

また容姿を何度も馬鹿にされました。

期間は10年近くですね。

f:id:Narvik:20190904224633j:image

対策は?


どうしたら改善ができるのか


話し合いをしなければ進まない

基本的には話し合いが全くない家でしたのでまずは会話を全員からきく。
聞いた会話からどうしたいか聞く。
これは必要なのかと思ってます。

というのもまず、全員がそれぞれの事を知らないので、まずはそこからではないかなと。

 

人の話を聞く姿勢をとる
 

これは基本だと思ってて誰でも相手が、話を聞く状態でない場合は、話す方も聞く方も会話は進まないと思います。

しかしながら相手を操作する事は出来ない以上は自分から進んでやる必要がある。

 

最悪は逃げる
 

どれだけやっても話が合わない人はいます。

これはほぼ無理でしょう。

そうなれば解決しようとしても、僕と同じ様に疲弊してしまうだけなのでさっさと逃げた方が良いかなと。

相手が本気にこちらに向かわないのは舐められてる部分もあるでしょうし、それは払拭しないとそもそもテーブルにつかない筈です。

f:id:Narvik:20190904224534j:image

最悪を想定して動こう


少なくとも僕は実家から逃げてはいるので、常に顔を合わせてはいない状態です。

僕は家が地獄でしたが、一人暮らしでまだ精神的には楽になりました。

もっともそれより前に解決できれば、それに越したことはないんですけどね。